事業創出検討会議、オンラインで開催

2020.11.26

 特許庁は25日、事業創出検討会議を郡山市の郡山商工会議所会館からオンラインで開催し、県や市町村職員、団体職員に福島知財活用プロジェクト事業の効果や企業の支援方法について説明しました。
 約30人がオンラインで参加し、赤穂州一郎特許庁普及支援課企画調査官が知財活用を通して地域の稼ぐ力を後押しする事業の概要を説明、続いて特許庁ビジネスプロデューサーの増山達也さんが今年度に手掛けた3件の事業創出事例をもとに、企業の持つ力を生かし、行政や団体、県発明協会などと連携して販路開拓に結びつけた成果を紹介しました。
 連携して企業支援に当たった郡山市産業創出課の渡部雄太さんとINPIT県知財総合支援窓口の田島隆博さんにも派遣事業や魅力について語っていただきました。

News Release