事業目的

 2018年からの3年間、特許庁では、福島県に特化した知財活用プロジェクトに取り組んできました。
 「知財」という言葉は聞きなれず、取得するメリットも分かりにくいという方が多いという課題に対し、過去2年間、「知財」の関係者のネットワーク形成や、県内での知財活用の成功事例を生み出すためのビジネスプロデューサー事業に取り組み、知財の意義について、イベントや広報でも県内に周知してきたところです。
 東日本大震災から10年という節目にもあたるプロジェクト3年目となる本年度は、県内の各自治体、支援機関、金融機関などの皆様に知財活用の有効性をさらに知っていただき、知財を活用した事業者支援の輪を広げていただくための取り組みを展開します。特に、ビジネスプロデューサーの増山達也氏の県内事業者を支援する手法を、県内の各機関の皆様が取り入れられるよう、意見交換をしながら勉強できる場を設けていきます。また、県内事業者に対する増山氏の生み出した成功事例を新聞で紹介することで、他の事業者にも知財をより身近に感じていただければと思います。

News Release

成果報告会

成果報告会

 特許庁では、福島県の復興と持続的な地域活性化を後押しするため、2018年度から、福島知財活用プロジェクトを立ち上げ、福島県における知財活用を推進するための重点支援を行っております。
 2020年度の本プロジェクトでは、福島県における知的財産を効果的に活用した事業創出を展開するために、県内企業にビジネスプロデューサーを派遣し、行政機関や支援機関との連携のもと支援を行ってまいりました。また、福島県におけるビジネスプロデュースの手法を確立するために、有識者委員会を立ち上げ、協議を行って参りました。
 この度、これらの取組の成果を広く御紹介するために成果報告会を開催いたします。成果報告会ではビジネスプロデューサーの支援により生み出された成功事例を発表します。また、事業創出において連携を行った行政機関、支援機関にもご登壇いただき、事業創出でどのような連携を行ったかお話しいただきます。そのため、事業創出を行いたい事業者の皆様や、企業支援に関わる専門家や支援機関等の皆様、新しいビジネスアイデアを探している皆様など、知的財産とビジネスに関心のある方ならどなたでも参考にしていただける内容となっております。
 なお、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、本成果報告会はオンラインで開催させていただきます。皆さまのご参加をお待ちしています。

日時

2021年1月18日(月)

13:30~15:40(予定)

13:30~15:40(予定)

会場

オンライン定員100名 ※参加無料
※マイクロソフト「Teams」を使用予定。
 参加方法については後日メールにてご案内させて頂きます。

オンライン定員100名 ※参加無料
※マイクロソフト「Teams」を使用予定。
 参加方法については後日メールにてご案内させて頂きます。

主催

特許庁

内容の詳細

事業創出会議

福島知財活用支援事業 事業創出検討会議

 特許庁「福島知財活用プロジェクト事業創出実証研究事業」では、新規事業創出の専門人材であるビジネスプロデューサーを福島県内の企業等に派遣し、地域が保有する技術力や知的財産を地域の課題に根ざした事業の中で活用することで、地方創生の促進に取り組んでいます。
 本会議では、ビジネスプロデューサーが知財を活用した事業創出のポイントをご説明します。さらに、実際にビジネスプロデューサーと密に連携している支援機関より、各支援での成功のポイントや具体的な支援の連携方法についてお話していただきます。
 福島の企業振興に携わる自治体、外郭団体の方のご参加をお待ちしております。

ビジネスプロデューサー

有限責任監査法人トーマツ ディレクター 増山 達也氏

日時

2020年11月25日(水)

13時00分~16時00分

13時00分~16時00分

会場

福島県郡山市 郡山商工会議所ホールB

先着30名 ※参加費無料
■オンラインの参加も可能です。

先着30名 ※参加費無料
■オンラインの参加も可能です。

主催

特許庁

(事務局:有限責任監査法人トーマツ、福島民報社)

(事務局:有限責任監査法人トーマツ、福島民報社)

内容の詳細